美容整形なら二重のタイプが選べる!【理想の二重になれる手段】

施術後のダウンタイム

女性

ダウンタイムの必要性

二重の美容整形を受けた後には、目元に刺激を与えないよう安静に過ごさなければなりません。美容整形の施術後は、日常生活に戻れるまでのダウンタイムという期間があります。ダウンタイムの期間には、施術箇所に痛みや腫れが出たり、行動に制限がかかったりします。このダウンタイムの過ごし方によって、二重の仕上がりが左右されるので、医師の指導に従うようにしましょう。まず痛みや腫れについてですが、埋没法の場合は数日から1週間ほどで治まります。切開法の場合も1週間程度で治まりますが、自然な状態になるまでは2週間ほど必要です。特に切開法の施術を受けた後は、熱っぽさを感じることがありますので、施術箇所を濡らさないように注意しながら冷やすようにしましょう。どちらの施術法でも、人によっては内出血が出ることもあります。1~2週間ほど経つと引いていきますが、気になるという方はメイクでカバーしてください。内出血が目立たないよう、コンシーラーだけでなく赤系や紫系の色味のアイシャドウを使用すると良いでしょう。
ダウンタイム時の行動の制限についてですが、まず女性が気になるメイクからチェックしていきましょう。埋没法の場合は施術翌日から、切開法の場合は施術から1週間ほど、抜糸後から可能です。どちらも、しみたり痛みを感じたりする場合はメイクをせず、数日様子を見るようにしてください。洗顔も同じ期間から可能ですが、強くこすらずに優しく洗うようにしましょう。最近では着用している方も多いコンタクトレンズですが、二重の美容整形後はすぐに着用することができません。埋没法の場合は施術から2日後、切開法の場合は抜糸後からになるので、それまでは眼鏡を着用してください。そして意外かもしれませんが、施術後は激しい運動も制限されます。運動をすると血流が良くなり、施術箇所が余計に腫れてしまうことも考えられるため、医師からは控えるように指示があります。どちらの施術法でも1ヶ月ほどは控えてください。しかし、短時間の軽いウォーキング等は許可が下りることもあります。日頃の運動を続けたいという方は、自己判断はせずに医師に相談してみましょう。紹介したもの以外にもいくつか制限がありますが、施術前のカウンセリングで医師から詳しい説明があります。どの施術を受けるかによっても変わってくるので、きれいな二重に仕上がるようにするためにも、しっかりと守るようにしましょう。

Copyright© 2019 美容整形なら二重のタイプが選べる!【理想の二重になれる手段】 All Rights Reserved.